住友林業 耐震性

住友林業の耐震性能はすごい!

これから家を建てようとする人は、大きな地震が全国で起こり家が倒壊する姿を見た事で家の耐震性を重視している人が多いはずです。
耐震性が優れていると評判なのが、住友林業の家です。

 

 

住友林業は、国内に4万ヘクタールの社有林を所有している事もあり国内産の木材を使用している事が有名です。

 

 

 

木の良さを家づくりのあらゆる面で出しており、住友林業の木の家づくりは一流です。

 

 

 

他のハウスメーカーより社員数の中での1級建築士の割合が多く、家づくりの良い提案をしてくれるので人気があります。

 

 

施主の家に対する細かい要望まで叶えてくれる体制が整っています。

 

 

 

住友林業は、和風テイストの家のイメージがありますが、最近では洋風のデザインの家も多く手掛けています。

 

 

 

 

また住友林業では、家づくりの節目ごとに社内検査が行われ社内検査に合格しなければ次の工程に進む事が出来ません。

 

 

 

 

厳しい社内検査が行われながら、家づくりが進められて行くので不具合を見過ごされる心配もなく家づくりを任せる事が出来るハウスメーカーです。
多くの人が気にする耐震性に関しても、住友林業のビックフレーム構法では、壁倍率が22.4倍になっています。

 

 

 

 

この壁倍率が高ければ高いほど耐震性は、高く地震が起きた時にも安心です。

 

 

 

 

住友林業耐震性能は、他のハウスメーカーと比較してもかなり高く安心して住友林業で家を建てる事が出来ます。

 

 

 

 

住友林業は、日本で初めて東日本大震災の3階建ての実物大のモデルハウスに加振する実験を行い耐震性がある事を実際に証明しています。

 

 

 

 

全国的に地震が頻発している現在ですから家を建てる際に、住友林業耐震性能があれば安心して家づくりを行ってもらう事が出来ます。

 

 

 

 

また住友林業は、アフターサービスの面でも充実しており、20年目までは無償で点検を行ってくれそれ以降10年ごとに有償点検を行ってくれ60年目までの点検が可能になっています。

 

 

 

 

全国展開しており、多くの家づくりの実績のある住友林業だからこそ出来るアフターサービスです。

 

 

 

住友林業 値引き|限界を引き出す交渉方法のTOPページへ戻る