住宅ローン 金利

住宅ローンの金利について

住宅の購入は人生の中でもかなり大きなイベントとなります。それだけに予算や購入時期については慎重に検討することが大切です。

 

 

住宅を購入する人の多くは、金融機関の提供する住宅ローンを利用する人がほとんどです。住宅ローンは多額のお金を長期にわたって支払い続けるものなので、金利などの条件を複数の金融機関で比較して決めるのが基本です。

 

 

しかし実はこの際に見落としがちな問題があります。それは諸費用についてです。住宅ローンを利用する際は、住宅の購入に必要なお金以外にも、住宅ローンそのものを利用するのに必要な諸費用というものが発生します。

 

 

それらを含めてトータルで考えていないと、あとで思わぬ出費に頭を悩ませることになるのです。

 

 

住宅ローンの諸費用として大きなウエイトを占めるものに、「保証料」があります。この保証料はもしローンが返済できなくなった際に、保証会社が債務者に代わって金融機関に支払うために必要なものですが、これが結構な金額となります。

 

 

保証料の額は金融機関ごとに異なり、借り入れ額や返済期間によっても違いが出てきますが、数十万円はかかると考えておいたほうが良いでしょう。

 

 

さらに団体信用生命保険料も諸費用の一つです。これは銀行のローンではほとんどの場合、銀行側が保険料を負担しますがフラット35では加入が任意となっており、加入すれば自分で保険料を負担しなければいけません。

 

 

なお最近は保証料不要の金融機関も増えていますが、そのぶん事務手数料や金利が高めに設定されていたりするので、注意しておく必要があります。

 

 

 

住友林業 値引き|限界を引き出す交渉方法のTOPページへ戻る