積水ハウス 住友林業 比較

積水ハウスと住友林業を比較すると

積水ハウスでは一戸建て注文住宅の他、賃貸用のアパートもたくさん建てています。

 

 

ですから積水ハウスの住宅に住んでみたことのある人は多いのですが、その人達の多くが「広く感じる」と言うのです。その理由は、メーターモジュールにあります。

 

 

住宅は日本の場合、多くの工務店がいまだに「尺寸」を元に設計しています。幅で言えば「何間」、部屋の広さを畳で言うと「何畳」というかんじなのですね。

 

 

ところが積水ハウスは「メートル」を元にしています。

 

 

するとどういうことが起こるかというと、例えば平均的な階段の幅が2mということになるのです。

 

 

住友林業も含む建設会社の設計ですと、建坪30坪〜50坪程度の通常の家で階段の幅は約1.8mになりますから、

 

 

その差20cm。このわずかな差が、日々の体感では広く感じるわけです。

 

 

積水ハウスのメーターモジュールで言う6畳間というのは、畳6枚分にプラス板間がついています。

 

 

合計すると約7畳近いわけです。今では畳が敷いていない部屋も多いですから、不動産屋さんで「6畳フローリング」と言われても、

 

 

積水ハウスのアパートの場合は広く感じるのです。

 

 

多くの建材が今でも畳の寸法に合わせて作られており、建具メーカーも多くのハウスメーカーが取り扱っているサイズで展開しています。

 

 

そのため住友林業のメリットは、自由設計で細かい部分まで自分好みにできるということがあります。

 

 

つまり、極端に言えば家を作るためのパーツをすべて自分で選べるということです。

 

 

たくさんのカタログから自由に選ぶということが好きな人には、尺寸で設計しているハウスメーカーの方が楽しめるかも知れません。

 

 

しかし、一度でもメータモジュールの積水ハウスの住宅に住んだことのある人は、一間幅の階段は狭く貧乏くさく感じる人が多いようですので、

 

 

自宅を作る際もそうした方が良いでしょう。

 

 

どうしても住友林業のような尺寸で階段だけ幅を広げたいと言う場合、1.5間になってしまい、

 

 

2m70cmになるので、建坪の小さな家では階段ばかりが広くなってしまうので要注意です。

 

 

住友林業 値引き|限界を引き出す交渉方法のTOPページへ戻る